2018年05月15日

臨時議会〜議長に立候補しました〜

       今日は臨時議会。
  専決処分の承認議案等もありましたが
  例年、臨時議会は議会人事を決めます。

  今期は議長、副議長、委員長ほか
 役職を自民党2会派+1の男性議員が
  独占している状況にあります。
   女性議員が4割を占め
  4、5、6期目の議員もいるのに
「自民党で男性ではない」という理由と
      数の力で
  女性議長は実現されないのです。

  今年も公明党女性議員ですら
 実現の見込みはないという状況だったので
 それなら「マニフェスト選挙」をしようと
     立候補しました。
   昨年から全員協議会は
   傍聴が可能となったため
  10名の傍聴者も見守る中
 私を含む3人の立候補者が所信表明。
    3分の時間めいっぱい
   主張することができました。

 その際にお示ししたマニフェストは以下です。
  新議長にはこれを踏まえた要望書を提出予定。
  少しでも議会改革を進めてもらいたい。  

 【議長選挙 マニフェスト】(2018・5・15 島村きよみ)

1)議長として中立性を保つ。

  → 会派を離脱し、議長の職務に専念。

     公平中立を基本とし議会内の合意形成に力を尽くす。

2)二元代表制としての機能を高める。

  → 決算審査の前に、全員協議会または本会議質疑後の

          予算決算特別委員会で論点を共有。委員会質疑を通してこれを検証し、

         閉会前の予算、決算特別委員会において附帯決議が必要かどうか検討する。

         予算議会においても同様な進め方をすることを提案したい。

         行政の追認機関ではない姿勢を市民に示していく。

3)全員協議会の活性化

   → 「議会基本条例」を具現化するために、正式会議となった

      「全員協議会」を議員全員で意見交換、自由討論する場として活性化する。 

  

4)議会のPDCAサイクルを回し、市民に「見える化」を実現

  →「議会報告会」や陳情・請願で市民から出された課題を整理し、

       政策提言につなげる→市民へフィードバックとういうサイクルとなるよう、

      議会全体で取り組む。また決算審査での論点と予算審査の連動を

     市民に対して明確にする。


5)議会への市民参画を進める。

  →「議会モニター制度」の試行。議会傍聴や「議会だより」を通じて

    「議会基本条例」の執行状況や議会運営について意見・提言をいただく

      しくみを実現したい。委員会のインターネット中継、傍聴者の定員増など、

      市民に開かれた議会運営への改善を行う。また基本条例に位置づけられている、

      市民との合同研修会の実施も検討する。「議会への提案箱」を

  市役所はじめ公共施設に設置し、議長として責任ある取り扱いをする。

6)議会として若い世代と「まちづくりの課題」を共有し、主権者教育を進める。

  → 市内中学生・高校生・大学生など若者世代との懇談会、ワークショップの開催。

7)公平で対等な議会運営を進める。

  会派を組む、組まないに関わらず、ひとりひとりの議員の意見、

     提案を尊重する。一部事務組合議員などの選出に関して、

     議員が偏りなく選出される仕組みづくりを行う。






posted by shimamura at 23:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

こいのぼり

   連休もあっという間に最終日です。

   今年の連休はどこにもいかず
 ひたすら書類整理と掃除で終了しました。
  ひざの手術後、放置していた場所も
   なんとか整理できつつあります。
  まだまだ先は長いのですけどね。

 さて憲法記念日にもよい新聞記事が
    たくさんありましたが
    わたしが感動したのは
   こどもの日の中日新聞社説。
  
 子どもたちとの環境活動、レクチャーや
  セヴァンのことも書かれてあって
  自分の原点を見つめ直した内容でした。

ウミガメとこいのぼり こどもの日に考える

写真

 たとえばウミガメがなぜ泣いているのか。子どもたちは知っています。ウミガメの未来は子どもたちの未来。未来を生きるのは、子どもたちなのだから。

 リサイクルの“最終走者”といわれたその都市が「ごみ非常事態」を宣言したのは、一九九九年二月のことでした。名古屋市です。

 ごみの処理量が年間百万トンを超え、市と市民はそれまでにない勢いで、分別や、リサイクルに取り組みました。その結果、二十世紀最後の二年で、処理量を23%、埋め立て量を47%、減らすことができました。

 ここ数年の処理量は約六十万トンで推移、安定しています。

 でもそれで、ごみ問題が終わったわけではありません。

 あれから二十年、「次世代へつなぐ思い」というタイトルのDVDを制作し、今月、市内のすべての小、中、高校に環境教育の教材として配布する予定です。

 オリジナルのエコソングやエコダンス…。とりわけ印象的なのが、市内の小学校で収録された四年生のモデル授業の模様です。

 最初は国語。テーマは「海の環境」です。教科書は閉じたまま。先生がクラスに問い掛けます。

 「ウミガメ=写真=は絶滅の恐れがある生き物です。なぜでしょう」

 一斉に手が挙がり、一人の男子が答えます。

 「人間が海にレジ袋なんかを捨てて、ウミガメが、それをクラゲと思って食べちゃって、のどにつかえて死んじゃう可能性もある」。正解です。先生が解説します。

 「ここからあまり遠くない遠州灘の砂浜に、ある年一頭のオサガメの死体が打ち寄せられました。おなかを開くと、プラスチックのごみが三十四枚も…」

 年間八百万トンのプラごみが海に捨てられると知って、みんな、「えー」と驚き、「かわいそう」と同情し、「ひどいよ」と怒ります。

環境に共感するチカラ

 続いて体育、表現運動の時間です。ウミガメの生態を全身で表現します。体育館の中を所狭しと泳ぎ回る子どもたち。そこへ先生が本物のレジ袋をばらまいて「食べてみよう」と告げるのです。

 子どもたちは「いやだ」「苦しい」と言いながら、表情をゆがめ、もがいて、悲鳴を上げる−。

 「かわいそう」から「苦しい」へ、ウミガメになりきって、いつの間にか一人称に、傍観者ではなく当事者になっています。

 小学四年の環境や命に対する想像力、共感力には脱帽です。

 授業を終えてみんなで「思い」をしたためました。「どんな海でも三十年後はきれいにする!」と。彼らはきっと、その約束を守ってくれることでしょう。

 映像を見ながら思い出していたのが、あの伝説のスピーチです。

 一九九二年六月、ブラジル・リオデジャネイロで開かれた国連環境開発会議(地球サミット)の本会議場。当時十二歳の少女だった日系カナダ人四世のセバン・スズキさんが、世界の指導者を沈黙させた珠玉の言葉。

 <今日の私の話には裏も表もありません。なぜって、私が環境運動をしているのは私自身の未来のため。自分の未来を失うことは、選挙で負けたり、株で損をしたりするのとはわけが違うんですから。私がここに立って話をしているのは、未来を生きる子どもたちのためなのです−>

 今ごみを出し続ければ、そこに埋もれてしまうのは、未来を生きる子どもたち。資源をむさぼり続ければ、貧困や飢えにあえぐのは、子どもたち。今原発を減らさなければ、ふるさとを再び失う恐れがあるのは、子どもたち。この国が戦争のできる国になったら、戦場へ行くのは、子どもたち…。

 私たち、大人ではありません。

いらかの波と雲の波

 どうやら政治家の皆さんは、今を取り繕うのに忙しく、未来を語る余裕がありません。私たちには未来への想像力が足りません。

 ウミガメ同様、こいのぼりが少なくなったといわれます。

 もし押し入れにでも眠っていれば、今から揚げてみませんか。

 そして想像してみてほしい。一番下の「小さいヒゴイ」が、何を夢見て、どこへ泳いで行こうとしているか。たまには、ゆったり。


先日、久しぶりに訪れた「のんびり村」

山菜の天ぷら、たけのこの煮物など

春のごちそうを食べながら

子どもたちが木切れで「こいのぼり」を

つくっていました。

優しい 優しい時間の流れる平和な空間

いつまでも続きますように・・・

のんびり村@.jpg のんびり村A.jpg

     のんびり村B.jpg














  



  
続きを読む
posted by shimamura at 23:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

わいわい通信第43号発行!

    わいわい通信第43号を発行しました!

    明日の朝、中日、朝日、毎日、読売
     各紙の朝刊に折り込まれます。

  おもては3月議会代表質問の報告がメイン
    ウラは3月議会トピックスとして
     委員会で継続審査を求めた
   「都市計画条例」の改正案についてと
      紹介議員となった
 「老朽原発の廃炉を求める請願」についてです。
   ホームページにも水曜日にはアップ予定。

     議会後の通信を発行すると
   本当に一区切りという気持ちがします。
   その時の議会に関しての整理が
    自分の中でしっかりとできる。
    その積み重ねがあってこそ
    次へのスタートが切れます。

   ほっと一息タイムに使ったこれは
     なんだと思いますか?    
   
      ベトナムコーヒー.jpg 

   こたえは・・ベトナムコーヒー用の
      ドリップです。
  コンデンスミルクを入れて飲みます。
  とっても美味しくて 癒されます。
   
   

posted by shimamura at 23:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

報道と公文書は国民のもの〜ペンタゴン・ペーパーズ〜

   先週は愛西市議会議員選挙を応援に行きましたが
    吉川みつこさん、見事3位当選!
   ぶれない市民派として権力と戦ってきた
   15年間の活動の結実だと思います。

     議会基本条例の見直しも山場、
    通信も原稿を書いているところですが
    どうしても見たい映画があって映画館へ
    「ペンタゴン・ペーパーズ」です。

      監督はスピルバーグ
メインキャストはトム・ハンクスとメリル・ストリープ
   泥沼化するベトナム戦争の状況について
    歴代の政権が事実と異なる説明を
   国民にしていたことを示す米国国防省の
 最高機密文書を報じたワシントン・ポストの物語。
     実話がもととなっています。

  機密文書を作成した政府の要人と友人関係にある
   ストリープ演じるワシントンポストの社主が
     手に入れた文書を報道するかどうか
        悩みに悩んだ末、
    「報道は国民のためにある」と
   公開に踏み切るシーンは胸が熱くなりました。

  はからずも16日の朝日朝刊のクロスレビューに
     この映画の批評が掲載されていて
        東大の牧教授は
    「やはり日本に重ねたくなる」と
   森友、加計問題で揺れる現状を述べ

  「隠された公文書が明らかになることは
   衝撃的事件で、政治の風景を一変させる。
    映画を見て改めて感じました」
     とコメントしていました。

    この映画、ぜひみてほしいです。
   



  

    
posted by shimamura at 23:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

言葉の操作という危険

    議会が閉会してあっという間に2週間。
  その間にものすごい勢いで桜は咲いて散り、
   市役所でも送る人あり、迎える人あり
      春らしい景色の中で
  私は同僚議員とともに駅頭報告やら
  政務活動費の収支報告書のまとめやら
   議会基本条例改正案の会議やら
     相変わらずの毎日です。

     ということで新聞にも
 ゆっくり目を通すこともできないでいますが
  3月29日の中日新聞「論壇時評」は
     「我が意を得たり」

「思考を奪う言葉の操作」というタイトルで
  
     人間は言葉の動物だ
 言葉によって存在や認識が規定されている。
   言葉が世界を作り構成する。
その言葉を権力者が恣意的にコントロールすると
   私たちは世界を奪われる。
  
 そして作家の星野智幸の言葉を引用
  
   国家が言葉を独占したら
   法律は骨抜きになり
  機能しなくなる恐れがある。
なぜなら法律は言葉で書かれているから。
  そして最も厳密な意味の
  運用を求めているから。
つまり意味の運用の範囲を決める司法も
  機能しなくなるということ

 公文書改ざん問題をめぐる主張ですが
 多くの問題を示唆していると思います。

 例えばあいまいな条例規定によって
 市民の行動を規制する恐れがあることも
  権力側の「言葉の操作」であり
  地方自治体でも起こりうること。
 「東京都迷惑防止条例」の改正で
「うろつくこと」を禁止事項とするのは
  恣意的な判断で規制がかかると
   反対運動が起こりました。

  日進市が3月議会で上程した
 「都市計画公園条例」の一部改正案でも
「他人に迷惑がかかる行為」という言葉で
 規制の枠を広げるという内容に対して
  継続審査の提案をしましたが
 権力側がコントロール可能な言葉は
  慎重にすべきだと思います。

 議会がようやくひと段落ということで
   先週末、両親と妹と
 何十年ぶりかで4人で旅に出ました。
 御在所ロープウェーと「なばなの里」
   桜がちょうど満開。
  忙しかった1年の締めくくりに
 癒される2日間を過ごしました。

    御在所ロープ―ウェーA.jpg


 なばなの里A.jpg なばなの里B.jpg

  

  
  



   

  
   
   



posted by shimamura at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

3月議会閉会

    3月議会が閉会しました。

   私が委員会で継続動議を出した
  「都市計画条例の一部改正」については
 白井、舟橋両議員から修正案が出されましたが
採決の結果、修正案否決、原案可決となりました。

     紹介議員となった
  老朽化した原発の廃炉を求める請願も
     7対12で不採択。
  政府の再稼働方針に沿った反対理由に
   請願者も納得はされていませんが
 これからも声をあげていかれるとのこと。

 くるりんばす利用料、証明書等手数料値上げ
  このたびの国保税、介護保険料の値上げ等、
     市民負担が増える中での
  特別職の4年連続の期末手当支給率の引き上げ
   職員の地域手当ての増額については
     明確に反対を表明しました。
    納税者の実態、中小企業の実態を
    踏まえた上での提案とはいえず
   市民の理解は得られないと思います。

  この3月議会は県内の議会において
 市長提案の否決、修正が目立ちました。
    日進市議会も最近は
 保守系議員もしっかり討論参加するようになり
 10年前に比べて活性化はしています。
 ただ、二元代表制を機能させるためには
  たとえば、議会前に議案の論点整理を
    全議員でおこなうなど
  さらなる意識改革が必要だと思います。

    ところで閉会日前日に
  無事、前期博士過程を修了しました。
  2年間、本当に忙しかったけれど
  多くの知見に触れ、学識を深め
  かけがえのない経験ができました。
  
  この学びを仕事に活かしていきます。

      学位記.jpg
  

   
  
   


posted by shimamura at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

絶対的権力は 絶対に腐敗する

   今週は火曜日に予算・決算委員会
  金曜日は閉会日の討論・採決です。
 今回はH30年度予算案に反対しました。
  人口増の割には市税の伸びが鈍く
財政状況が大きく好転しているわけではないのに
  人件費の増額分があまりにも大きい。
 もちろん「道の駅」の前倒し予算計上も
     問題だと思います。
  国保税も介護保険料も値上げ続き
    市民の代表としては
  納得できないことが多いです。

   さて、この所の国政も
  驚くばかりの不祥事続きで
いったいこの国はどうなってしまったのか
    恐ろしい事態です。
   権力の忖度がはびこり
 無法地帯となっているとしか思えない。

  特に許せないのは文科省の
    学校教育への介入。
 昨年、教育六法を学んだ身として
 「教育基本法」の条文に含まれる
 「教育は不当な支配に服することなく」
     という部分は
 平成18年度の改正においても
 残された牙城ともいうべきもので
 それは教科書裁判等での判決で
司法が守った まさに教育行政の原則、
 そんなことも知らない国会議員が
 「文部族」と称していたなんて
  本当に許せない気持ちです。

 世界の歴史が証明しているように
 絶対的な権力は 絶対に腐敗する
忖度政治、強行政治、隠蔽政治がまかり通る
  この国の今は危機に瀕しています。
 もうアベ政権は変えねばなりません。







posted by shimamura at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

3・11に思う〜原発はいらない〜

  金曜日に所属する「市民建設委員会」の
     審査が終わりました。
   議案審査のあと予算審査でしたが
    継続動議を出した議案もあり
 「道の駅」など質疑が集中しったこともあって  
    終了は午後7時近くでした。
 この審査内容についてはまた報告します。

    今回の委員会の冒頭で
 「老朽化した原発の廃炉を求める
      意見書提出を求める請願」
      審査されました。

 わたしはこの請願の紹介議員になりましたが
   委員会の委員でもあったため
  同じく紹介議員となった山田議員が
     請願趣旨を説明し
   その後、請願人からちょくせつ
  請願の願意の説明がありました。

  原発関連の訴訟の原告でもある方で
    堂々とかつ理論的に
 40年経過した原発の危険性について
    訴えをされました。

  しかし、委員の中からは意見として

「チェルノブイリは人為的なミスだったし
   福島原発は津波が原因の事故だ。
 40年経過した原発も相当な設備改良をすれば
    延長して使っていける」

「再生エネルギーでは電力はまかなえない。
  稼働させるのが現実的だ」

「普通の家やビルでも40年以上は使い続けられる」

 という、請願の願意をくみ取ることのない
    内容が繰り返されました。
  結果は2対3で委員会は不採択。

 来年40年経過した高浜原発が動き
 想定外の災害が起こって何かあれば
  日進市も大きく影響を受ける。
  人類とは共存できない凶器を
    いったいいつまで
  放置するつもりなのでしょうか。

   先日来日講演された
 ドイツ脱原発倫理委員会の
 ミランダ・シュラーズさんは
 「市民が立ち上がらなければ
  脱原発は実現できない」
   と話されました。
地方議会こそが民意を受け止め
 政府にものをいわなければ
 原子力ムラの構造をこわして
原発のない世の中にはならないでしょう。

   今日は3・11
福島原発事故は何も収束をしていない。
家族を故郷を奪われた人々の嘆きは
 いまだとどまることをしらない。
 わたしたちはその重みと教訓を
  決して忘れてはならない。


  


  


  

  

  


posted by shimamura at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

3月議会開会中

  いや〜 もうあっという間に日々が過ぎ
  すっかりブログ更新せずにすみません
     お雛祭りも過ぎましたが
    3月議会は日程が進んでいます。
      今週は委員会ウィーク
    今回の議会は重要議案が多く
    どの委員会も気が抜けないです。
   (といっても所属はひとつですが)

   代表質問では市政方針にからめて
   私が現在の課題と考えている項目を
     多岐に渡って問いました。

  人口の増加の割には税収は増えていない
   事業の選択と集中という課題のもと
 投資的経費については市民合意が必要でしょう
   北庁舎や東部保育園の建て替えは
  どうみたって市民の福祉に寄与する
  しかし、「道の駅」はどうなのか・・

 地域福祉、地域包括ケアの言葉は聞くけれど
 本当に本気で地域にがっつり入っていないのでは?
 ESDという言葉もなんだか耳障りがよいけれど
   日進はとっくに環境共育の先進地。
   これまで丁寧にやってきたことで
    きちんと成果を出している。
 で、「ESD推進係」は何をするのでしょう?

  くるりんばすは再編後利用者は減り
  公共施設にバス停がないという他にも
   さまざまな意見が寄せられている。
 なのに4年間は見直しをしないというのは
  あまりにも不誠実ではないのだろうか。

  この春から「男女平等係」の名前が
   市役所の組織から消えます。
    このまちはこの名称に
 ずっとこだわってきたと信じていたのに
     これまでの歩みに
  誇りを持てなかったのだろうか。
 男女平等啓発も 環境まちづくりも
   平和の呼びかけも一緒に
 市民活動のお祭りに入れ込んでしまう
  「それって違うでしょう?」と
  だれも抵抗しなかったのだろうか。
  疑問に思うことが本当に多いのです。

 委員会では予算に反映されている部分で
 さらに深い議論をしたいと思っています。



  




  
  
  
   
posted by shimamura at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

3月議会代表質問について

  修士論文の口述審査、「わいわい通信42号」発行
   第3回市民派議員塾、わいわいミーティングと
    日々追われているうちに2月も19日
      あっという間に3月議会が
      今週金曜日から開会します。

   この議会では代表質問に登壇するため
   2年ぶりの市長答弁をということで
   とても楽しみであり、気合も入ります。

    質問の内容は「施政方針」に即して
     多岐にわたっているので
    以下の通告書をご覧ください。


   今回は40年経過した老朽原発の廃炉を求める請願の
       紹介議員ともなっており
    委員会の審査も重要議案が目白押し
   いつにも増してハードな議会となりそうです。
    
      がんばろう!!

   
  

     
  
posted by shimamura at 12:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする