2015年10月27日

箕面市&明石市視察報告

  今日は午後から「ささえ合い円卓会議」に参加
     いろいろと考えさせられました。 
      どうやったら「要援護者」が
  「つどいの場」に足を運んでもらえるのか・・
    もうアウトリーチしかないのでは?
       本当に大きな課題です。
   でも市民と手を組んで頑張ろうという
    地域福祉課の熱意も感じました。

 さて遅ればせながらの委員会視察報告です。

      今回、市民厚生委員会は
   大阪府箕面市と兵庫県明石市にて
       研修をしてきました。


  1日目は大阪府箕面市にて、

市内の防犯カメラ設置について研修をしました。


 箕面市は昨年8月に警察署からの要請を受け、

   1億5千円の補正予算をつけて、

  すべての市内小中学校の通学路に

   750台の防犯カメラを設置。

これは全国でもトップクラスの規模とのことです。


 さらに今年度は各自治会に対して、

防犯カメラの設置費用の90%負担を提案したところ、

 半数近くの自治会から問い合わせがあり

 順次設置を進めていくとのことでした。


 日進市でも防犯カメラの設置が進む中、

プライバシーへの配慮や地域に設置される場合の

    運用のしかたなどについて

     参考になる研修でした。

  防犯カメラの有用性は否定しませんが

    監視社会にならないように

     細心の注意が必要です。


     箕面市1.jpg    箕面市2.jpg


             箕面市3.jpg



    2日目は兵庫県明石市で、

「こどもの貧困対策チームの設置」などについて

     研修を受けました。


明石市は「まちの未来である“こども”を社会全体で支える」

 「栄養だけでなく愛情も」という理念のもと、

 子どもに対する総合支援策を展開されています。

  市長の強いリーダーシップのもと、

社会福祉士や弁護士、ソーシャルワーカーなどの専門職を

 雇用し、ワンストップの窓口、職員が出向く、

 市役所全体で取り組むという3つの柱で、

ひとり親家庭の支援や保育所の整備などに

   力を入れていました。


なんと、泉市長ご自身が20分にわたって

 政策の細かい説明をしてくださいました。


毎年1000人の子どもが生まれる日進市においても

参考になる取り組みについて学ぶことができ、

   非常に有意義な研修でした。

                                   

                               

      明石市1.jpg    明石市2.jpg

  会議室から明石大橋をのぞむ         市議会棟前
  
  

posted by shimamura at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

わいわい通信第33号発行!

   視察報告をする と言いながら
    11月1日に開催される
市民派議員アドバンスコースの課題対応
都市計画塾、通信印刷と運び込みがあって
  結局アップできていません とほほ

 ということで今日も遅くなってしまったので
 「わいわい通信第33号」のお知らせを。

エリアによって今日、明日、あさっての3日間
 いつものように中日、朝日、毎日新聞に
      折り込まれます。
  ハロウィーン色のオレンジですよ〜
  チラシの間から見つけてくださいね!
 明日にはホームページにもアップします。
  
     で、視察報告も必ず!




posted by shimamura at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

委員会視察から帰宅

         昨日、今日と
  市民厚生委員会の視察研修で
 大阪府箕面市と兵庫県明石市に
     行ってきました。

  箕面市は半年で750もの
 防犯カメラを整備した経緯について
    そして明石市は
 子どもに対しての支援策について

特に明石市では市長自ら熱の入った説明があり
   非常に参考になる内容でした。

 戻ってきて、すぐに通信33号の印刷
  留守中のメール対応などがあり
 あっというまに深夜となってしまいました。

     くわしくは明日!



posted by shimamura at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

9・19 忘れない

   あの安保法案の強行採決から1か月。

     この週末は全国で
 「あきらめない」行動が展開されたことが
    新聞紙上で紹介されました。

    ここ日進市では日進駅前で
 「反安保あいち中部ネットワーク」主催の
 3回目の集会&デモが開催されました。

    
     10・17日進駅前デモ.jpg


     忘れない あきらめない
    思いを一つにした人たちが
      共に歩く 声をあげる

  「反安保あいち中部ネットワーク」は
  これから毎月第3土曜日の4時から
     東郷町と日進交互に
     集会デモを開催します。
      来月11月21日は
東郷町民会館西「東郷ふれあい広場」です。

       そして昨日は 
 名古屋市民会館 会議室で開催された
「安倍政治を許さない政党・政治団体と市民との討論会」

       に参加しました。
  主催は「政治を考える市民の会」

 最初に共同代表の池住義憲さんから
「2016年参議院選挙に向けて」の提案があり
 その後、参加政党、政治団体からの
各スタンスについての発言がありました。

【参加政党・政治団体】
 日本共産党 社会民主党
 新社会党 緑の党・東海

   民主党、維新の党は
要請したけれど不参加とのこと。

 150名を越える参加者で
 座れないくらいの熱気でした。

 ずっと聞いていて感じたのは
共産党はかなり先を見た考えで動いており
それに賛同する市民、政治団体が多いということ。

 安保法制反対一点に絞っての共闘で
  まずは参議院選にのぞむ。
  ハードルはあるでしょうが
 右傾化した政権をひっくり返すには
  それしかないのだと思います。 

それにしても・・・民主、維新は難儀な政党だと
   あらためて思ってしまいました。

   











  

   


  
posted by shimamura at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

問題だらけのマイナンバー

     厚生労働省職員による
 マイナンバー関連の汚職のニュースが
   繰り返し報道されています。

   とにかくこの制度によって
 巨額な利権が動くのは間違いなく
 国民の情報の一元化を利用して
   さまざまな営利企業が
 ビジネスチャンスをねらっている

民主党も賛成した改正法案の付帯決議には
    本人確認をするために
「生体認証」という人権侵害まがいのことを
  導入することも盛り込まれています。

 ためしに「生体認証」と検索すると
     出るわ出るわ
「ぜひわが社のを使ってください」広告

  官僚、政治家と企業の癒着
 運用において予測される大混乱
 個人番号を保存しているパソコンの
   データ処理の難しさ 
 もちろん情報漏えいの危険や
サイバー攻撃、なりすましなどの犯罪・・・

 どう考えても問題のある制度ですが
  いったいどうなることでしょうか。

   国民が振り回されないよう
     賢くならないと。
   ダメなものは ダメ。









  





posted by shimamura at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

3連休は・・・

   この3連休は家族も戻って来ていて
  家のメンテナンスにも時間とりました。

       10日(土)は
  イーブルなごやで開催された
 「女性議会ネット」の再始動に参加。
   なにか大きな責任を感じて
   気持ちが.引き締まりました。
市民派のバトンをしっかりつながなくては・・・

  11日は「にっしん音楽祭」や
 イギリスから来日した劇団による
     「ハムレット」を鑑賞
     芸術に触れた一日 

   そして今日は快晴の中
 「南ヶ丘ウォーキング」に参加し
 米野木駅から愛知牧場まで歩きました。

 あたり一面、すばらしいコスモスにも遭遇

 愛知牧場1.jpg   愛知牧場2.jpg

  
    そして大学テニス部の仲間と
  「東山テニスセンター」でテニスも。
 ということでスポーツの一日、でした。

 明日は体のメンテナンスもはかりながら
  通信原稿をゼッタイ完成させなくちゃ!









posted by shimamura at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

東洋医学に救われる

   気持ちの良い日が続いていますね!
  庭のキンモクセイの香りもかぐわしく
    空は高く 風はここちよく
  本当に晴れ晴れとした気分です。

  実は「晴れ晴れ」としている理由が
     もうひとつあるのです。

8月下旬頃から突然猛烈な頭痛と肩こりに見舞われ
   パソコン作業も携帯を見るのも
 3分と持たない という状態になりました。
     発熱したときによく起こる、
あの「ズキン」としたこめかみから後頭部の痛みが
     朝起きた時からあるのです。
   
本当に困りました。必然的に鎮痛剤に頼らざるをえない。
    重篤な病気だったらいけないと
   まずは脳神経外科、それから眼科
    肩こりのせいかと整体にも行く。
    そのうちに両耳の中耳炎で
  ずっと耳に水が入っている状態となり
    それからは耳鼻科にもお世話になり・・
   まったく出口がみえなかったのです。

 ところが先日、「おすすめの治療院」と紹介があって
      わらをも掴む思いで受診
  治療は1時間にもわたる問診ののちの
たった1本、10分だけ足の甲に貼った針のシール。

 なんとこれだけで劇的に頭痛がおさまったのです。

  生まれてはじめて針治療を体験しましたが
    その効果にはびっくりしました。
      恐るべし 東洋医学。
  
  頭痛に悩まされない毎日がよみがえって
   本当にうれしい〜〜〜〜〜〜〜

 ということで、通信原稿にとりかかっています。
   今回はいつにもまして力を入れて
   9月議会の報告を書きますよ!




   


posted by shimamura at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

2つの民意


   議会が終了すると次はいつもその報告活動
       昨日から市内の駅頭で
   女性議員4人で作成した簡易版通信を
        配布しています。
     10月17日の駅前デモ
10月31日の「日進市議会報告会」のお知らせも。
     すがすがしい季節なので
   とても気持ち良く活動しています。

   さて、日曜日は2つの自治体で
     重い民意が示されました。
  
  ひとつは三重県松阪市の市長選挙
 ぜひ当選してほしいと応援にも出かけた
市民派女性候補は惜しくも負けてしまいました。


竹上 まさと18,00025,50025,935
森本 哲生 18,00019,00019,363
うめもと 陽子 18,00024,00024,429
     
  当選した竹上氏は前回思いがけない大差で
   山中前市長に敗北した候補者です。
   森本氏は民主党の前衆議院議員

  ぶ分厚い保守の組織票に対抗するには
    困難な状況ではありましたが
  梅本さんは「やさしい改革」を掲げて
  正々堂々としがらみのない選挙を展開
  残念だけれど次のステージをみすえて
    活動してほしいと思います

 そして小牧市では新図書館をめぐる
     住民投票の結果
 市民は市長の方針にNOを示しました。

  ツタヤとコラボした図書館といえば
 いわずとしれた武雄市図書館ですが
 全国から視察が殺到した先進図書館も
ここにきて様々な問題が浮かんできています。

  「図書館はどいうものなのか?」
 その本質が議論になった住民投票は
 市民の意識向上にはつながったはず。

  間接的な、直接的な民意の表出
 主権者のまちづくりへの参加のあり方を
   あらためて考えさせられました。





   

   

posted by shimamura at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

9月議会閉会 補正予算案に反対討論

    昨日9月30日 9月議会が閉会。

 今回は今年度の補正予算に反対をしました。

        理由は2つ
 マイナンバー制度と自衛隊関連の
     国からの補正予算

  どちらもまさに国の「押し付け」で
日進市役所には何の責任もありません。
安倍政権の強権的なやり方の
  象徴のような予算づけです。

 地方議員としてこれは認められない。
以下に反対討論を貼りつけておきます。

議案60号について反対の立場で討論します。

本案に反対の理由は2点あります。

1点目はマイナンバー制を推進するための国庫補助金の増額補正です。私は先の3月議会で27年度一般会計予算案の審議において、税を納める市民にとって、予算計上された8,000万円の市の負担に見合うメリットは何かということ、個人情報の漏えいについての対策などについて、市民のみなさんに十分説明することを前提にマイナンバー関連の予算認定に賛成しました。

しかし、その後日本年金機構の125万件の情報流出問題が発覚し、検証結果も十分に示されず、国民の不安が増大している中、今国会で改正マイナンバー法が可決されました。これにより預貯金口座にも任意で適用可となり、医療情報への活用も可能となりました。本体の番号法が施行される前の改正案を可決してしまったのですが、これは民間分野でのマイナンバーの利用範囲を著しく拡大するものです。1つの番号にいろいろな情報をひも付けて使い回して、もし悪用されれば甚大な被害が予測されます。現代社会ではITに関わる事件や事故はシステム的にも人的にも起こりえます。6月17日には長野県上田市がサイバー攻撃を受け、深刻な事態になりました。また9月13日には大阪府堺市で職員による個人情報流出の事件がありました。これは現状においてどこの自治体でも起こりえます。任意の社会保障番号を導入しているアメリカでも大量の個人情報流出が発生しています。根本的な解決策がないことがはっきりとしています。

こうした国民にとってのリスクについて十分に説明しないまま、制度を強行すれば、市民の抵抗を受けて頓挫した住基ネットの二の舞になることは目にみえています。

そして国の方針に現時点でも十分な情報を与えられず振り回されているのが地方自治体であり、今回の補助金も受け入れざるをえないというマイナンバー制度は地方自治を否定するものです。わたしは自治体の議員として、制度に関する関連予算は断固として反対するという結論にいたりました。


 2点目です。自衛官募集事務に関するあらたな予算計上と実施予定事務には賛同できません。

 自衛隊法の規定による法定受託事務であること、募集事務の重点市町村という指定を受け、懸垂幕を作成することは断ることができないということが質疑からわかりました。

  9月19日未明、議論が尽くされないまま理不尽な委員会採決を経て、安保法案が可決されて以降、新聞はじめメディアは自衛隊員の任務拡大とそのリスクについて、毎日詳細に報道しています。政府はさっそく自衛隊の部隊行動基準の改定作業を開始、離れた場所にいる他国部隊や民間人を武器を使って助ける「駆けつけ警護」の任務追加など、法案により武器使用の拡大を認めたことで、自衛隊員が紛争に巻き込まれるリスクは今後格段に高まります。全国でわきあがった安保法制反対のうねりは、自衛隊員をひとりも殺してはならないという国民の強い意志の表れでその熱のあつさは法案可決後もいささかも変わってはいません。

 このような状況の中で、危険リスクが増大した自衛隊募集のPRをすれば、川俣町の花火の時とは問題にならないほどの抗議が寄せられることも予測されます。もちろん、本市が希望したわけではなく、マイナンバー制と同じでまさに国の押し付けであり、担当課は苦慮されていることも理解できます。しかし議員としてこれを認めることはできません。  

 以上2つの理由から、本案に反対します。



    マイナンバー制度については
  今日の中日新聞でも取り上げています。
   いくつもの混乱が予測される状況で
 振り回されるのは いつでも地方自治体です。


「見切り発車の危うさ マイナンバー制度」
posted by shimamura at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする