2016年10月28日

超!忙しいです

  今週は火曜、水曜と委員会の視察研修。
 11月19日の「議会報告会」で報告するため
 見てきたことをしっかりまとめなければなりません。

 今週末に「む・しネット」主催の政策研究会があり
  こちらの資料、タイムスケジュールづくり、
 おまけに11月2日の研究論文中間報告会の
  レジメの作成、指導教官との打ち合わせと
   ど〜しようもない忙しさです。

   でもひとつひとつ真剣に向き合って
  手を抜かないことが次につながると
    体験的にわかっているので・・・
       ファイト!

    四季咲の「アンネのバラ」
    やさしい花が咲きました。
 車から降りると一番に目に入ってくるので
      癒されています。

        秋のアンネのバラ.JPG
  
posted by shimamura at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

わいわい通信第37号発行!

     朝日全国吹奏楽コンクール
 日進中学校 金賞 日進西中学校 銀賞
   おめでとうございます!!

    本当にすばらしい!
  ちょうど2週間前に開催された
    出場記念コンサートで
 2校の演奏を聴かせていただきましたが
 あまりに素晴らしくて涙がこぼれました。
    どれほどの努力があれば
    このレベルになるのかと
     鳥肌が立ったほどです。
  もう一度 おめでとうございます!

       さて本題ですが
  「わいわい通信第37号」発行しました。
   本日の朝日、中日、毎日の朝刊に
     折込みされています。

   今回は1万部印刷したところで
   プリンターが突然ストライキ
   事業者に飛んできてもらって
   なんとか日曜発行ができました。

    いつもオレンジなのですが
  特に今月はハロウィーンカラーということで
 楽しい感じで読んでいただけるようにしました。
  チラシの中から探し出してくださいね!
  明日にはホームページにもアップします。
   


   
  

posted by shimamura at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

犬山ピースフェスタ

       議会が終わっても 
 「む・しネット」主催の政策研究会の準備
  11月2日の研究論文の中間報告会の準備
   「わいわい通信第37号」発行準備と
  相変わらずのデスクワークが続いています。
   明日は「議会だより」の最終校正
  9月議会定例会で議論されたことを
   わかりやすくお伝えするよう
  「超党派」でがんばっています。


    ところで先週日曜日は
「ピースフェスタ」が開催される犬山市へ。
    今回のテーマは
 「福島の声を聞こう
   私達が選ぶエネルギーの道」

 原発事故の悲惨さをうたった
  東北弁での詩の朗読のあと 
    福島伊達市から
  名古屋に避難してこられた
   岡本さんの壮絶なお話。

 一度、日進でもお話いただきましたが
  まさに原発事故に人生を翻弄され
  命の危機も乗り越えてこられた。
  5人のお子さんも大きくなられて
 生活も少し落ち着かれたようでしたが
 東電の責任を問う訴訟の原告として
 いまだ戦いの中にいらっしゃいます。

     そして次に
 久しぶりに「電気をカエル計画」の
  石井伸弘さんのお話を聞きました。
2012年の「脱原発世界会議」(幕張メッセ)で
  分科会報告をご一緒して以来。
   相変わらず弁舌さわやかな
 「電力自由化」の問題提起でした。
     この話を聞いて
「生活クラブから電気を買う!」と決心。
   犬山ピースフェスタ2.JPG
   
 思えば「電気をカエル計画」との出会いが
PPS(特定電気事業者)への切り替えについて
   勉強したきっかけでしたね〜
大きな成果をあげた運動だったと思います。

  せっかく犬山にきたんだからと
 城下町のこじゃれたカフェにて一息。
  ここは「しみんてい」という
 有名な市民活動支援センターがあり
  以前ここのNPOの理事長だった
 川島さんをおたずねしたことがあります。

「これからの市民活動中間支援は
  NPOとコミュニティをどうつなぐかだよ」

 川島さんの言葉が今でも忘れられません。
  これからの「地域包括ケア」とか
 子どもたちを育くむ場所づくりだとか
すべてにつながる深い言葉だと思っています。

    犬山ピースフェスタ1.JPG




  
   



  
posted by shimamura at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

新潟知事選挙ほか

  今日は気になる選挙が重なっていて
  朝からソワソワしていたのですが・・・

 新潟知事選挙は、柏崎原発再稼働反対の
   米山候補が勝ちましたね!
 民意は国に対してNO!を突き付けました。

あとは・・岡崎市議会議員選挙はどうなるかしら。
   もうすぐ日付が変わりますが
    まだ結果は出ていません・・・
posted by shimamura at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

白紙の領収書

   ここ2日間は国会中継を聞きながら
  通信第37号の原稿を書いています。

  この国会は年金制度の改正、TPP、
  40年を超えた原発の再稼働の問題
    憲法改正に関してなど
  気になるポイントが色々あります。
   特に予算委員会の審査では
 現状のデータがパネルなどで示されるため
   とても勉強になるのですよね。
  ついつい身を入れて見てしまいます。

 ところで、連日のように報道されている
     「白紙の領収書」
 富山市議会、岐阜市議会のことかと思っていたら
  自民党幹部が利用を常態化していたとは・・
     しかも高市総務相は
    「法的に問題はない」と。
   ということは、全国で堂々と
  同じことができてしまうということ?
    あきれてものが言えません。

     日進市議会においては
   政務活動費に関する領収書は
  適切な事務局のチェックも監査もあり
  不正は起こりえないとは思いますが
   それでも白紙の領収書への記入は
     筆跡鑑定をしない限り
 わからない場合もあるかもしれません。
    白紙領収書を渡してしまう
  相手先があることも問題ですが・・
 それにしても「政治とカネ」の問題は
 いったいどこまで広がるのでしょうか。

   議会ってとても特殊な場所で
    当たり前ではないことが
   当たり前になるところがある。
    公費の使い方については
  監視機能を高めるしかないのですが
  それもなんだか情けない話ですね。

   さて、仕事にもどりましょう。

  



posted by shimamura at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

学びの秋

     先週9月議会が閉会して
  今週から大学院の後期がスタート。
  なんとか4コマ乗り切りました。

  特に木曜の「学校経営論」は楽しみ。
後期は「教育六法」を丁寧に読んでいきます。
       はじめは
「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」
  略して「地教行法」と呼ばれていますが
   地方教育行政の基本となる法律。

      今日は総則と、
平成26年の改正にあたっての文科省通知を読み
  論点となるところを探しました。
 総合教育会議、大綱、教育長の位置づけ・・
    3週間ほど読み込んだ後
「学校教育法」「教育公務員特例法」と進みます。

    学ぶのは本当に楽しいですね。
      仕事においても
 間違いなく厚みが出るのを感じています。

 今週は毎朝、各駅での駅頭活動もしており
  そろそろ個人通信の方の準備も必要。
   10月も多忙な毎日が続きます。 



  
  
posted by shimamura at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

自分にうそはつけない

     先週木曜日は9月議会閉会日
   翌日は尾三衛生組合議会定例会
    どちらも色々大変で・・・
  さすがに土曜日はぼ〜っとしていました。
   ブログで報告をと思っていたら
  パソコンのインターネットがつながらず、
 電波障害とわかって、ようやく回復しました。
  
       閉会日の採決では
   「都市計画公園の条例改正」について
   審議不十分として継続動議を出しました。

市内の街区公園を占有したり競技会などを開催する際
 使用料を徴収することになる改正案でしたが
  いろんなケースが考えられるにも関わらず
   運用規則も減免規定もどうなるのか
 委員会審査ではどうもはっきりしなかった
    閉会中ももう少し時間をかけて
   審議する必要があると思ったからです。

  継続に賛成者は7名。退出者がひとり。
  あと2名で半数でしたが否決となりました。
 その後は原案について採決され、賛成多数で可決。

    けれど議会への上程に際して
  他の議案も含め、説明資料の不十分さが
  今回の議会では特に顕著だったと思います。
   これについては「議会基本条例」に
    関連条文もあるので(第9条)
     議会としても行政側と
  もっと交渉する必要があるでしょう。

   翌日の「尾三衛生組合」の議会。
   わたしは監査をしているので
   決算案について質疑はせず。
   議員提出議案として出された
  「二組合合同視察研修」について
    多くの質疑をしました。

 今から10年前に消防、ごみ、し尿処理の
  それぞれの一部事務組合の議会が
  合同で毎年視察研修をしているという
 「三組合合同視察研修」の実態を知って
     非常に驚きました。

  消防は消防、ごみ処理はごみ処理で
  参考にしたい先進地を視察するのが
公費を使っての視察研修のあり方だと思いますが
一泊2日で3か所回れるところを選定するので
  課題解決優先の視察先選定とならない。

 2日間行けば宿泊費と交通費に加え
  6000円の日当が支払われ
 だいたいそれは懇親会、昼食の経費となる。
 昭和50年代から続けられてきたことに
 だれも異論は唱えてこなかったようでした。

わたしは全国の市民派議員の仲間と話す機会があり
   この視察研修のことを話したら
  「そんなこと、まだやってるの?」と
     あきれられました。
     市民感覚からしても
    なんのための視察なのか
  合理的な理由がわからない内容でした。

  それから一般質問でも取り上げ
 組合議会の.議員の時は議案に反対し
   さらに住民監査請求もして
  いわば10年越しで撤廃を求めて
    取り組んできたのです。

 昨年、し尿処理の組合が単独研修となり
   今年度は消防、衛生組合も
 適正化するチャンスだったにも関わらず
  「二組合合同視察研修」として
  またもや議案があがってきました。
   質疑はたくさんしましたが
 納得できる答弁は、まったく得られず、
「議員派遣として合理的な理由がないのは
 地方自治法違反」として反対しました。

    富山市議会を発端に
  全国で不適切な、というか不正な
 政務活動費の使い方が明るみになって
   議員辞職が相次いでいます。
  わたしは公費支出されている
 委員会や一部事務組合の視察研修にも
  非常に問題があると思っています。

議会は内向きの議論で決めてしまうことが多い。
   そこに納税者の姿がない。
    議会が変わるには
   それを変えることが
  一番大事だと感じています。

     日曜日の午後、
  市民活動のお仲間を中心に
    7月に星になられた
「後藤尚子さんの思い出を語る会」が
    開催されました。
 はじめて市議選に出られた時の
TVの追跡ドキュメンタリーが上映され
 はつらつとした尚子さんの姿に
    みな涙していました。

   何かに迷ってお電話した時
「最後は自分にうそをつかないことが大事だよね
 人はごまかせるけど、自分はごまかせないから」と
   いつも背中を押してくださった・・・

   ダメなものはダメ、と貫くことは
    とても難しいことだけれど
   でも自分にうそはつきたくない。

    そうですよね 尚子さん
   空を見上げて つぶやきます。

    尚子さんをしのぶ会A.JPG
  

  




  

  

  



  

  
  



  


   

  
   



posted by shimamura at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする