2017年03月06日

それぞれの権利の尊重

    先週金曜日〜日曜日は
  ずっと委員会審査の準備
  質疑項目を洗い出しながら
 その意図を明確にしていく作業です。
  合間には通院&自己リハビリ・・

  そして大事な学びもしました。
 土曜日はNPO法人「えがお」主催
  東郷町「いきいきカフェ」に参加。
      テーマは
「認知症の人とともに暮らすまちづくりのために
  〜いま、私たちに必要なこと〜」

     いきいきカフェ.jpg  
 講師は認知症介護研究・研修大府センター
 愛知県若年性認知症総合支援センター
     山口喜樹さん。

 「認知症サポーター養成講座」の
   陥りやすい盲点など
  お話は「目からウロコ」でした。
 認知症の方の権利の尊重という視点
  忘れてはならないと思いました。

 日曜日、今度は日進市のNPO法人
「ファミリーステーションRin」主催
「安心して子育てできるまちづくりシンポジウム2017」
   平成29年度からスタートする
   産後サポートの報告交流会です。 
 日本福祉大学の渡辺顕一郎氏の基調講演
  その後のパネルディスカッションとも
 現在の子育て事情と必要なサポートについて
    深く考えさせられました。

     Rinイベント.jpg
   このシンポジウムの最後に
「大切なのは子どもの権利を考えての支援を」
     という言葉があり
    とても共感できました。
  
  東郷町の講座にも 日進のシンポジウムにも
 部長はじめ市、町の職員の方が参加されていて
  NPOと連携して政策を実現するという
 スタンスがあって素晴らしいと思いました。

 その人、その子が豊かに生きる権利を守るために
 行政が NPOが 地域が連携していくことが
   問われる時代になってきています。
   
   
  







posted by shimamura at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする