2017年08月14日

わたしたちの水

    あっという間にお盆休みに突入
     といっても今週末から
   9月議会の質問通告が始まるので
    気ぜわしいしい毎日です。

  報告がすっかり遅れてしまいましたが
      8月8・9日に
   中部水道企業団議会の視察研修で
  木曽川上流域のダムを見てきました。
  当初は3つのダムを視察予定でしたが
  折しも台風5号が駆け抜けたあとで
   その影響により、牧尾ダムは中止
  視察は阿木川ダムと味噌川ダムの2つ
   それから木祖広域連合について
     説明を受けました。

       わたしたちのまちの水は
   木曽川から愛知用水に取り込まれ
    各家庭に運ばれています。
      上流域のダムは
   洪水調節、既得取水の安定化
 河川環境の保全などの役割を持っています。
 各ダムでは、どのように水質を保っているのか
  どれくらいの発電機能があるのかなど
    くわしく説明を受けました。

 一番手前の恵那市に位置する「阿木川ダム」は
    空心菜の水耕栽培によって
 11000㎥の水質浄化をしているとのこと。

  阿木川ダム@.JPG 阿木川ダムA.JPG

そして最上流域の木祖村に位置する「味噌川ダム」
  木祖村は古くから日進の姉妹都市で
  植樹にも来たことのある場所でしたが
  台風一過の美しい姿を見せてくれました。

      味噌川ダム.JPG
   
また多様な広域行政を行っている「木曽広域連合」が
     非常に早い時期から
 情報ネットワーク事業に着手していることや
  豊明、日進、長久手、東郷の下流域と
 木曽川「水源の森」心理整備協定を締結
水道使用量1トンあたり1円の積み立て基金により
    森林整備をしてることなどを
   しっかり学ぶことができました。

  わたしたちの水は上流域の努力によって
    守られているのですね。

  水道事業は今の所使用料で運営されており
  各自治体からは税金を投入していませんが
  最近は節水意識によって使用量が減少
   水道事業も厳しさを増しています。
  日頃何気なく使っている「水」について
  真剣に考えていかなくてはと思いました。
  

  

  
  

  
posted by shimamura at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

教員免許更新講習はおもしろい

      台風が来ています。外は暴風雨・・・
 昼間、日進市のHPで河川水位を見ようと思ったら
   「現在故障中」表示。え〜この状況で?
       とびっくりしましたが、
      どうやら修復はした模様。
注意水位にはなっているものの、危険水位ではないので
   このまま過ぎ去ってくれればと願います。

      さて、先週は2日間、
  「教員免許更新講習」を受講しました。
    6時間×5日が必要ですが
 昨年すでに3日間を終えたので残り2日。
  場所は愛知学院大学と中京大学です。

 教員免許更新講習は各大学で実施されており
   内容はバラエティに富んでいます。
  最新の教育事情について取り上げており
  教職にはついてない身ではあっても
     とても有意義です。
 だいたい講義形式とワークショップで構成され
 終了時にはA41枚くらいのテストがあります。

  今回は「発達障がい児への理解と対応」と
  「学校教育の課題と展望」の2講座。

 「発達障がい児への理解と対応」の講師は
名古屋のスクールカウンセラースーパーバイザ―の
     八田純子准教授。
  「学校教育の課題と展望」の方は
 「ブラックバイト」という言葉の産みの親
   中京大学の大内裕和教授。
   それぞれ専門的な立場から
 非常に有意義な講義が展開されました。
  本当に受けてよかった

 さて明日から2日間は中部水道企業団の視察で
   3つのダムを視察しますが・・・
    雨は大丈夫でしょうか。


  

posted by shimamura at 22:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする