2016年10月18日

犬山ピースフェスタ

       議会が終わっても 
 「む・しネット」主催の政策研究会の準備
  11月2日の研究論文の中間報告会の準備
   「わいわい通信第37号」発行準備と
  相変わらずのデスクワークが続いています。
   明日は「議会だより」の最終校正
  9月議会定例会で議論されたことを
   わかりやすくお伝えするよう
  「超党派」でがんばっています。


    ところで先週日曜日は
「ピースフェスタ」が開催される犬山市へ。
    今回のテーマは
 「福島の声を聞こう
   私達が選ぶエネルギーの道」

 原発事故の悲惨さをうたった
  東北弁での詩の朗読のあと 
    福島伊達市から
  名古屋に避難してこられた
   岡本さんの壮絶なお話。

 一度、日進でもお話いただきましたが
  まさに原発事故に人生を翻弄され
  命の危機も乗り越えてこられた。
  5人のお子さんも大きくなられて
 生活も少し落ち着かれたようでしたが
 東電の責任を問う訴訟の原告として
 いまだ戦いの中にいらっしゃいます。

     そして次に
 久しぶりに「電気をカエル計画」の
  石井伸弘さんのお話を聞きました。
2012年の「脱原発世界会議」(幕張メッセ)で
  分科会報告をご一緒して以来。
   相変わらず弁舌さわやかな
 「電力自由化」の問題提起でした。
     この話を聞いて
「生活クラブから電気を買う!」と決心。
   犬山ピースフェスタ2.JPG
   
 思えば「電気をカエル計画」との出会いが
PPS(特定電気事業者)への切り替えについて
   勉強したきっかけでしたね〜
大きな成果をあげた運動だったと思います。

  せっかく犬山にきたんだからと
 城下町のこじゃれたカフェにて一息。
  ここは「しみんてい」という
 有名な市民活動支援センターがあり
  以前ここのNPOの理事長だった
 川島さんをおたずねしたことがあります。

「これからの市民活動中間支援は
  NPOとコミュニティをどうつなぐかだよ」

 川島さんの言葉が今でも忘れられません。
  これからの「地域包括ケア」とか
 子どもたちを育くむ場所づくりだとか
すべてにつながる深い言葉だと思っています。

    犬山ピースフェスタ1.JPG




  
   



  
posted by shimamura at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック