2016年12月23日

12月議会閉会

   あっという間に今年もあと1週間あまり。
  12月議会は一昨日に閉会しました。

 今回の閉会日は「くるりんばす」の請願の採決もあり
   賛成、反対の討論が活発にされました。

  くるりんばすの料金値上げを求める請願は
     2対17で不採択に。
  わたしも今回は賛同することができず
   その理由を議場でのべました。
 移動支援はもっとも弱い人たちに配慮しながら
  将来的にも継続できるようにすることが
    重要だと考えたからです。

  膨らむ赤字を抑制する努力をしながら
  コミュニティバスは充実してほしいし
  これから「市町村福祉有償運送」や
   バス停までの乗り合いタクシーも
   自治体としては検討してほしい。
 それには民間との連携も重要になります。
 地域公共交通を大きな視点で考えていかなければ
  これからの高齢者社会は支えられない。

  市民運動は尊い 7700名の署名は重い
 わたしたちはその思いを責任を持って受け止め
   行政の動きをチェックしながら
市民ニーズに合った政策提案をしなければと思います。

   その他にも賛否が分かれたのは
   議員、市長、副市長、教育長の
   期末手当の支給率引き上げの議案。

  わたしは根拠をあげて反対をしました。
  そもそも選挙で選ばれる議員、市長に
  国の国家公務員に対しての人事院勧告を
   適用するという慣例が問題です。

 それにしても討論を聞いて気持ちが落ちました。
    賛否が分かれるのは当然だし
  それぞれ意見をのべるのは自由ですが
    子どものケンカではあるまいし
 「くやしかったら〇〇してみろ」という論調で
 議案に対してではなく反対者に対して批判するのは
   数の上で優位に立っている立場として
   してはならないことだと思います。

   すごく傷ついて 茫然としましたが
     対策もちゃんとたてて
  論理的に話し合わなければと考えています。

  今日はこれから「都市計画勉強会」です。
  
   
  
  




  



  


posted by shimamura at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック