2017年06月15日

歴史的な暴挙 〜共謀罪強行採決〜

  
   あまりのやり方に声も出ない
   未明の「共謀罪強行採決」 
  加計問題を打ち切りたい一心で
 委員会審議まで打ち切るという手法
 どこまでルールを私物化するのだろう。

「国家は国民の内心の自由に踏み込まない」
   戦後の日本の大原則が
  いとも簡単にくつがえされた。

    第二次安倍内閣は
 教育基本法に「愛国心」を入れ込み
特定秘密保護法 集団的自衛権の行使容認
   安保法制 共謀罪を
   数の力の暴挙によって
    推し進めてきた。
 民主主義を 立憲主義を壊して。
   それでもまだなお
自民党を支持する(しかない)人たちがいる。

 この現実を信じたくはないけれど
  冷静に けれど怒りを持って
 何ができるのかを考えていきたい。
   




posted by shimamura at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック