2018年10月28日

忙しい秋・・・

  毎日ぎっしり予定の入った手帳を見ながら
     動いている毎日です。
 えっ?もう10月最後の週末なの?という感じ
  あっという間に年の瀬を迎えてしまう・・

   とり急ぎ、この2週間の報告を。

  まず10月10日は女性議員7名で可児市議会へ。
 「議会マニフェスト大賞」を受賞した議会であり
       視察も非常に多く、
   曜日ごとに議員担当が決められていました。
   わたしは早稲田大学の議会セミナーで
      議会改革を先導された
   川上議員のお話をきいていますが
   改めてじっくり改革の歩みをお聞きし
     非常に刺激を受けました。

   高山市議会、多治見市議会と同様に
   市民との意見交換から課題を抽出
     委員会ごとに議論を重ね
   必要があれば本会議で「委員会質問」
  4つの政策サイクルをきっちり回しています。

  ひとりの議員がどうこうということでなく
 議会として執行部に意見をしていくという姿勢
  特に
 「行政と議会は両輪ではない
  車校の教師と生徒のようなもの」というお話は
  改めて納得しました。
  ホームページに写真が掲載していただけたので
  ごらんください。ちょっとレアですよ!

  とにかくここのHP「議会のトビラ」は秀逸。
     見ていて飽きません。

   10月18日は長久手で開催された
  「地域共生社会全国サミット」に参加。
 各講座の充実度、豊富な講師陣に驚きました。
   議会広報委員会があったりして
  一部参加になったのはとても残念でした。
     資料が素晴らしいので
    しっかり読み込みたい。


  とにかくボランティアのみなさんの
 丁寧でフレンドリーな接遇が素晴らしかった!
  心からの「言葉のおもてなし」でした。


  地域共生社会全国サミット.jpg地域共生社会全国サミットA.jpg

   この日はサミット会場の県大から
  美浜にある「日本福祉大学」に移動
   社会福祉学科の学生さんたちに
「えきよく」4名でレクチャーを担当しました。
  その様子は大学ホームページに
    アップされています。
  岡先生の報告が素晴らしいです。

「ふくし・マイスターニュース」

  日が変わってしまいましたが
   引き続き活動報告を。

 10月は毎土曜日に愛知学院大学の公開講座
「次世代へ繋ぐ持続可能な社会」に申し込み、
  最終回を除いて3回受講しました。
 総合政策部の各教授陣による講座は
 コミュニティに対してどういう視点で
 アプローチをしていったらいいのか
   高齢社会、長寿社会において
  めざすべき生涯学習とは?など
 考えさせられる学びがありました。

  結局「持続可能な自治体」って
 みんなで顔を見合わせて笑い合える場所が
 消えずにあということなんじゃないの?と
  最近思い至ったところです。

 その他にもちょっと遅れていた予算要望書作成
  市民建設委員会の日帰り視察、報告書作成
  情報公開文書のチェックなどなど・・

 そして「わいわい通信第45号」発行!!
 本日の全紙、全地域の朝刊に
  折り込まれていまーす!
 ぜひじっくりお読みください。

 忙しい毎日の癒しは・・・こちら

    おひるね.jpg  

  








  



   


  
  
posted by shimamura at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。