2018年03月25日

3月議会閉会

    3月議会が閉会しました。

   私が委員会で継続動議を出した
  「都市計画条例の一部改正」については
 白井、舟橋両議員から修正案が出されましたが
採決の結果、修正案否決、原案可決となりました。

     紹介議員となった
  老朽化した原発の廃炉を求める請願も
     7対12で不採択。
  政府の再稼働方針に沿った反対理由に
   請願者も納得はされていませんが
 これからも声をあげていかれるとのこと。

 くるりんばす利用料、証明書等手数料値上げ
  このたびの国保税、介護保険料の値上げ等、
     市民負担が増える中での
  特別職の4年連続の期末手当支給率の引き上げ
   職員の地域手当ての増額については
     明確に反対を表明しました。
    納税者の実態、中小企業の実態を
    踏まえた上での提案とはいえず
   市民の理解は得られないと思います。

  この3月議会は県内の議会において
 市長提案の否決、修正が目立ちました。
    日進市議会も最近は
 保守系議員もしっかり討論参加するようになり
 10年前に比べて活性化はしています。
 ただ、二元代表制を機能させるためには
  たとえば、議会前に議案の論点整理を
    全議員でおこなうなど
  さらなる意識改革が必要だと思います。

    ところで閉会日前日に
  無事、前期博士過程を修了しました。
  2年間、本当に忙しかったけれど
  多くの知見に触れ、学識を深め
  かけがえのない経験ができました。
  
  この学びを仕事に活かしていきます。

      学位記.jpg
  

   
  
   


posted by shimamura at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

絶対的権力は 絶対に腐敗する

   今週は火曜日に予算・決算委員会
  金曜日は閉会日の討論・採決です。
 今回はH30年度予算案に反対しました。
  人口増の割には市税の伸びが鈍く
財政状況が大きく好転しているわけではないのに
  人件費の増額分があまりにも大きい。
 もちろん「道の駅」の前倒し予算計上も
     問題だと思います。
  国保税も介護保険料も値上げ続き
    市民の代表としては
  納得できないことが多いです。

   さて、この所の国政も
  驚くばかりの不祥事続きで
いったいこの国はどうなってしまったのか
    恐ろしい事態です。
   権力の忖度がはびこり
 無法地帯となっているとしか思えない。

  特に許せないのは文科省の
    学校教育への介入。
 昨年、教育六法を学んだ身として
 「教育基本法」の条文に含まれる
 「教育は不当な支配に服することなく」
     という部分は
 平成18年度の改正においても
 残された牙城ともいうべきもので
 それは教科書裁判等での判決で
司法が守った まさに教育行政の原則、
 そんなことも知らない国会議員が
 「文部族」と称していたなんて
  本当に許せない気持ちです。

 世界の歴史が証明しているように
 絶対的な権力は 絶対に腐敗する
忖度政治、強行政治、隠蔽政治がまかり通る
  この国の今は危機に瀕しています。
 もうアベ政権は変えねばなりません。







posted by shimamura at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

3・11に思う〜原発はいらない〜

  金曜日に所属する「市民建設委員会」の
     審査が終わりました。
   議案審査のあと予算審査でしたが
    継続動議を出した議案もあり
 「道の駅」など質疑が集中しったこともあって  
    終了は午後7時近くでした。
 この審査内容についてはまた報告します。

    今回の委員会の冒頭で
 「老朽化した原発の廃炉を求める
      意見書提出を求める請願」
      審査されました。

 わたしはこの請願の紹介議員になりましたが
   委員会の委員でもあったため
  同じく紹介議員となった山田議員が
     請願趣旨を説明し
   その後、請願人からちょくせつ
  請願の願意の説明がありました。

  原発関連の訴訟の原告でもある方で
    堂々とかつ理論的に
 40年経過した原発の危険性について
    訴えをされました。

  しかし、委員の中からは意見として

「チェルノブイリは人為的なミスだったし
   福島原発は津波が原因の事故だ。
 40年経過した原発も相当な設備改良をすれば
    延長して使っていける」

「再生エネルギーでは電力はまかなえない。
  稼働させるのが現実的だ」

「普通の家やビルでも40年以上は使い続けられる」

 という、請願の願意をくみ取ることのない
    内容が繰り返されました。
  結果は2対3で委員会は不採択。

 来年40年経過した高浜原発が動き
 想定外の災害が起こって何かあれば
  日進市も大きく影響を受ける。
  人類とは共存できない凶器を
    いったいいつまで
  放置するつもりなのでしょうか。

   先日来日講演された
 ドイツ脱原発倫理委員会の
 ミランダ・シュラーズさんは
 「市民が立ち上がらなければ
  脱原発は実現できない」
   と話されました。
地方議会こそが民意を受け止め
 政府にものをいわなければ
 原子力ムラの構造をこわして
原発のない世の中にはならないでしょう。

   今日は3・11
福島原発事故は何も収束をしていない。
家族を故郷を奪われた人々の嘆きは
 いまだとどまることをしらない。
 わたしたちはその重みと教訓を
  決して忘れてはならない。


  


  


  

  

  


posted by shimamura at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

3月議会開会中

  いや〜 もうあっという間に日々が過ぎ
  すっかりブログ更新せずにすみません
     お雛祭りも過ぎましたが
    3月議会は日程が進んでいます。
      今週は委員会ウィーク
    今回の議会は重要議案が多く
    どの委員会も気が抜けないです。
   (といっても所属はひとつですが)

   代表質問では市政方針にからめて
   私が現在の課題と考えている項目を
     多岐に渡って問いました。

  人口の増加の割には税収は増えていない
   事業の選択と集中という課題のもと
 投資的経費については市民合意が必要でしょう
   北庁舎や東部保育園の建て替えは
  どうみたって市民の福祉に寄与する
  しかし、「道の駅」はどうなのか・・

 地域福祉、地域包括ケアの言葉は聞くけれど
 本当に本気で地域にがっつり入っていないのでは?
 ESDという言葉もなんだか耳障りがよいけれど
   日進はとっくに環境共育の先進地。
   これまで丁寧にやってきたことで
    きちんと成果を出している。
 で、「ESD推進係」は何をするのでしょう?

  くるりんばすは再編後利用者は減り
  公共施設にバス停がないという他にも
   さまざまな意見が寄せられている。
 なのに4年間は見直しをしないというのは
  あまりにも不誠実ではないのだろうか。

  この春から「男女平等係」の名前が
   市役所の組織から消えます。
    このまちはこの名称に
 ずっとこだわってきたと信じていたのに
     これまでの歩みに
  誇りを持てなかったのだろうか。
 男女平等啓発も 環境まちづくりも
   平和の呼びかけも一緒に
 市民活動のお祭りに入れ込んでしまう
  「それって違うでしょう?」と
  だれも抵抗しなかったのだろうか。
  疑問に思うことが本当に多いのです。

 委員会では予算に反映されている部分で
 さらに深い議論をしたいと思っています。



  




  
  
  
   
posted by shimamura at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

3月議会代表質問について

  修士論文の口述審査、「わいわい通信42号」発行
   第3回市民派議員塾、わいわいミーティングと
    日々追われているうちに2月も19日
      あっという間に3月議会が
      今週金曜日から開会します。

   この議会では代表質問に登壇するため
   2年ぶりの市長答弁をということで
   とても楽しみであり、気合も入ります。

    質問の内容は「施政方針」に即して
     多岐にわたっているので
    以下の通告書をご覧ください。


   今回は40年経過した老朽原発の廃炉を求める請願の
       紹介議員ともなっており
    委員会の審査も重要議案が目白押し
   いつにも増してハードな議会となりそうです。
    
      がんばろう!!

   
  

     
  
posted by shimamura at 12:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

手術から1年

   左膝十字じん帯再建手術から
  早いもので1年が経ちました。

  車イスから両松葉杖→方松葉杖
 装具がはずれたのがようやく4月
 それからはとにかくリハビリの毎日・・・

 半年たっても伸長がうまくいかず
   曲げ伸ばしも困難で、
 「本当に治るのだろうか」と
  心配でたまりませんでした。

  それでもリハビリの先生からの
 「大丈夫 のんびりやりましょう」
   という言葉に救われ、
  「いい感じ、ここからだよ!」
 という運動療法の先生の言葉に励まされ
    あきらめることなく
  リハビリと筋力トレーニング

   そして、1年たった今
なんとか普通に歩けるようになりました。
   まだこわばりも痛みも
   間違いなくありますが
少しづつ前に進んできた実感があります。

  春になったら軽いランニングが
  できるようになったらいいな〜
  目標にしていこうと思います。

 お世話になった大学病院のリハビリに
    ひと区切りをつけて
  地元のリハビリに通います。

 これからも コツコツ頑張ります!
  
    リハビリ.jpg

posted by shimamura at 23:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

わいわい通信第42号発行!

  わいわい通信第42号を発行しました!

   中日新聞香久山エリアは本日30日火曜日
   その他のエリアの中日、朝日、毎日各紙の
       朝刊に折り込まれます。
  オレンジ色の通信、探し出してお読みくださいね!

      ひとつ訂正があります。
    
 市民派女性議員4人の報告会「えきよく意見交換会」は、
    3月11日(金)開催となっていますが
    3月11日(日)開催の間違いです。

     3月議会の開会中での開催
 予算案等などについて、みなさんのご意見をお聴きします。
   「道の駅」についてもご意見をいただきたい。
       ぜひお越しください!

    やっと12月議会の区切りができました。
     さあ、明日は論文の口述審査
    そのあとは3月予算議会に向けて
       調査に集中します!

  

    
posted by shimamura at 21:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

パソコンの寿命って?

    修論を提出後も授業はあり
      口述審査の準備や
   通信42号の原稿まとめやら・・
   24日には「議会基本条例」の
 パブリックコメント案もまとめるお役目もあり
  なんだかんだバタバタ日々が過ぎていきます。
  
   ところで今使っているパソコンは
     記憶に間違いがなければ
    2010年に購入したので
      そろそろ8年目。
 最近時々、シャットダウンすることがあるものの
    仕事上、特に問題はないし
   ダウンロードのスピードも速い。
  Windows10にアップグレードした後も
   サクサクとは動いてくれてます。

  このまま使い続ければいいとは思うものの
  パソコンの寿命っていったいどれくらい?
  「使えなくなる時」ってどういう状態?と
      ナゾを抱えております。

  いずれにしても(わ!議会答弁用語だわ)
   バックアップはとっておくことが
     無難ということでしょうね。

  明日は手術後1年のMRI検査と検診です!





  
  


   


posted by shimamura at 23:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

本年もよろしくお願いいたします 修士論文完成!!

      1月11日の今朝
  無事、修士論文を提出いたしました!!
  
  クリスマスも大掃除もお正月もなく
  とにかく書き続けた3週間でした。
  
      修論表紙.jpg

      論文テーマは
「子ども条例制定自治体における教育と福祉
 〜特別な支援を要する子ども施策に焦点をあてて〜」

 「子どもの権利条約」「障害者権利条約」
 「児童福祉法」「発達障害者支援法」
 発達に困難を抱える子どもへの法整備は
      進んではきたけれど
 公的な支援はしっかり整備されているのだろうか。
 早期発見、ライフステージを通しての一貫支援は
 教育と福祉がつながらなければできないけれど
     それぞれの地方自治体は
 大きな課題にどのように取り組んでいるのか

    この「問い」に対して     
  子どもの最善の権利を保証するとしている
 「子どもの権利条例」を制定しているまちなら
  きっと積極的な施策を展開しているに違いない
      という仮説を立て、
  全国の「子ども条例」制定自治体を調査。

 50の自治体が特別に支援を要する子に対して
   どんな組織でどのような拠点で
     施策を展開しているのか
   各計画への位置づけはあるのか
     独自の取り組みは?
   共通項目について調べた結果を
   制定年度別に並べて一覧にしたら
   非常に興味深い結果が出ました。

 東京都日野市と北海道芽室町の現地調査も
  特筆すべき個別事例として記述。
    調査を分析しての知見と
 今後の課題をまとめることができたことは
   おそらくこれから仕事にも
   活かしていけると思います。

 と〜にかく提出することができて
   超超 うれしいですっ
 お読みになりたい方は大歓迎ですよ〜

さて!これから遅れている通信を出さなくては。
  
    みなさま 本年も
 どうぞよろしくお願いいたします!!


  

   


   



  


  
  
posted by shimamura at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

今年もお世話になりました!

   ずーーーーーーっとブログ更新せず 
  「島村どうした?」と思われている方も
   (それほどいないか・・)
  
   12月議会が閉会してから
    ようやく修士論文に没頭
   とにかく必死で書いています。
  全国48自治体を細かく調査したので
    まとめるのがタイヘン。
   果たして1月10日の期日に
    間に合うのでしょうか

      ということで
 今年はクリスマスもお正月もありません。
    ブログも再びお休み
  無事提出できましたら再開します。

 みなさま、今年もお世話になりました。
 来年もどうぞよろしくお願いいたします!!
  
posted by shimamura at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする