2017年08月24日

全国政策研究集会in新潟 〜基調講演&分科会〜

   いや〜今日は暑かったですね!!
   昼間は市役所にいましたが
   外気温は36℃でした・・

   さて新潟報告の続きです。
  
 「全国政策研究会」第1日目は
   基調講演と分科会その1
     基調講演の講師は
  日本社会事業大学長の神野直彦さん。
演題は「分かち合いの財政で地域再生を実現する」

お話の前半部分は哲学的な社会状況分析でしたが
    後半は財政学をベースに
   今の日本の危機的な状況は
  「他者への無関心」の広がりであり
 それは環境への無関心につながっている。
 (数字的には10年前は56.8%→40%へ)
   社会保障を充実させることで
格差と貧困がなくなることは他国が示していること。
      そのためには
旧来型社会的セーフティネットを張り替えること等
  「目からウロコ」の内容でした。

  その後のトークディスカッションは
  神野さんと新潟県知事の米山さん、
 それに新潟国際情報大学の佐々木寛さん
    コーディネーターは「
 自治体議員政策情報センター」所長で
   元国立市長の上原公子さん。
 「共生と連帯社会をどうつくりあげるか」
       をテーマに
     自治体の役割について
   多面的な議論が展開されました。

 新潟集会@.jpg 新潟集会A.jpg

 続いて3つの分科会に分かれて討議。
   わたしは第3分科会の
 「子どもを地域・社会で育てる」に参加。
 新潟県立大学の小池由佳さんの問題提起と
 実際に「子ども食堂」「子どもシェルター」で
  活動されている方の実践報告。
  経済的な理由からの生活不安が
  どれほど子どもに影響するのか
      痛感しました。

   終了したのは午後6時半!
 2日目の集会については明日報告します。
  
  



  




posted by shimamura at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

全国政策研究集会in新潟 〜原発を視察〜

  あっという間に9月議会の質問通告期間
   昨日朝、事務局に通告を提出
   その足で恒例の決算勉強会へ
 平成28年度の決算審査がメインの9月議会
  決算書とにらめっこの毎日が始まります。

   通告した質問内容については
   すぐにアップする予定ですが
    先週3日間参加した
 「全国政策研究集会in新潟」について
    少し報告したいと思います。

  新潟国際情報大学で開催された集会は
 今回で9回目ですが、私は初めて参加しました。
        テーマは
  「分断と差別から共生と連帯の社会へ」

  集会に先立ち、事前オプションとして
 「柏崎刈羽原発」の視察に参加しました。

 敦賀、美浜、もんじゅなどの原発施設を
   外から眺めたことはあっても
  これまで原発内に入ったことはありません。
 テロ対策もあってか、入場許可はとにかく厳重。
   事前に免許証コピーを送付しておき
   当日も免許証の提出を求められました。
  これって個人情報の収集に当たらないの?と
    同行した元国立市長の上原さんが
  職員に強い調子で意見をされていましたが
    とにかくそうしてくださいと。

  原発見学の前に、どの原発にも併設されている
 PR館の中で、柏崎刈羽原発の安全対策について
      説明を受けました。
   耐震や津波対策についてですが
  実は災害時に職員が逃げ込む免震棟自体の
   耐震が不足していると指摘があり
 今後、5号機の敷地にあらたに建設するとのこと。
   その上カサ上げした岸壁の土台が
  液状化する危険性があることもわかって
 これからの安全対策に6800億円かかると
   東電職員は淡々と説明していました。

 柏崎刈谷原発@.jpg  柏崎刈谷原発A.jpg
  (クリックしてね!)

      柏崎刈谷原発B.jpg 

    その後、バスで原発構内に。
    写真撮影は一切禁止でした。

     福島原発の爆発の際に 
   大量の冷却水が必要だったため
  これに備えて何十台もの消防車両が
   敷地にずらりと並んでいました。
このメンテナンスにいったいいくらかかるのか・・

   現在は7機とも停止している
    世界最大の柏崎刈羽原発。
田中角栄が政治的に動いて誘致をしたそうですが
      高校生の頃から
 40年以上反対運動している方のお話では
情報隠蔽、データ改ざん、利権がらみの不正を
   何度となく明らかにしたことで
   再稼働を阻止しているとのこと。

   行ってみて改めて実感しました。
  
     原発はいらない!!






  
   
  




posted by shimamura at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

わたしたちの水

    あっという間にお盆休みに突入
     といっても今週末から
   9月議会の質問通告が始まるので
    気ぜわしいしい毎日です。

  報告がすっかり遅れてしまいましたが
      8月8・9日に
   中部水道企業団議会の視察研修で
  木曽川上流域のダムを見てきました。
  当初は3つのダムを視察予定でしたが
  折しも台風5号が駆け抜けたあとで
   その影響により、牧尾ダムは中止
  視察は阿木川ダムと味噌川ダムの2つ
   それから木祖広域連合について
     説明を受けました。

       わたしたちのまちの水は
   木曽川から愛知用水に取り込まれ
    各家庭に運ばれています。
      上流域のダムは
   洪水調節、既得取水の安定化
 河川環境の保全などの役割を持っています。
 各ダムでは、どのように水質を保っているのか
  どれくらいの発電機能があるのかなど
    くわしく説明を受けました。

 一番手前の恵那市に位置する「阿木川ダム」は
    空心菜の水耕栽培によって
 11000㎥の水質浄化をしているとのこと。

  阿木川ダム@.JPG 阿木川ダムA.JPG

そして最上流域の木祖村に位置する「味噌川ダム」
  木祖村は古くから日進の姉妹都市で
  植樹にも来たことのある場所でしたが
  台風一過の美しい姿を見せてくれました。

      味噌川ダム.JPG
   
また多様な広域行政を行っている「木曽広域連合」が
     非常に早い時期から
 情報ネットワーク事業に着手していることや
  豊明、日進、長久手、東郷の下流域と
 木曽川「水源の森」心理整備協定を締結
水道使用量1トンあたり1円の積み立て基金により
    森林整備をしてることなどを
   しっかり学ぶことができました。

  わたしたちの水は上流域の努力によって
    守られているのですね。

  水道事業は今の所使用料で運営されており
  各自治体からは税金を投入していませんが
  最近は節水意識によって使用量が減少
   水道事業も厳しさを増しています。
  日頃何気なく使っている「水」について
  真剣に考えていかなくてはと思いました。
  

  

  
  

  
posted by shimamura at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

教員免許更新講習はおもしろい

      台風が来ています。外は暴風雨・・・
 昼間、日進市のHPで河川水位を見ようと思ったら
   「現在故障中」表示。え〜この状況で?
       とびっくりしましたが、
      どうやら修復はした模様。
注意水位にはなっているものの、危険水位ではないので
   このまま過ぎ去ってくれればと願います。

      さて、先週は2日間、
  「教員免許更新講習」を受講しました。
    6時間×5日が必要ですが
 昨年すでに3日間を終えたので残り2日。
  場所は愛知学院大学と中京大学です。

 教員免許更新講習は各大学で実施されており
   内容はバラエティに富んでいます。
  最新の教育事情について取り上げており
  教職にはついてない身ではあっても
     とても有意義です。
 だいたい講義形式とワークショップで構成され
 終了時にはA41枚くらいのテストがあります。

  今回は「発達障がい児への理解と対応」と
  「学校教育の課題と展望」の2講座。

 「発達障がい児への理解と対応」の講師は
名古屋のスクールカウンセラースーパーバイザ―の
     八田純子准教授。
  「学校教育の課題と展望」の方は
 「ブラックバイト」という言葉の産みの親
   中京大学の大内裕和教授。
   それぞれ専門的な立場から
 非常に有意義な講義が展開されました。
  本当に受けてよかった

 さて明日から2日間は中部水道企業団の視察で
   3つのダムを視察しますが・・・
    雨は大丈夫でしょうか。


  

posted by shimamura at 22:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

術後6ヶ月・・・まだまだリハビリの日々

   7月も最後の1日となりました。
   
    6月議会が終わってからは
  大学院の各授業でのレポート担当が続き
    通信発行準備と並行して
   デスクワークの毎日でした。

  それ以上に今月大変だったのは
    左ヒザのリハビリ通院。
  6月議会がひと段落した頃から
  リハビリに加えて運動療法もスタート
    先週からプールも加わり
  もうはっきり言って「しごかれてます」

    エアロバイクに坂道歩行
  膝に荷重をかけて足の上げ下ろし
    板の上のバランス練習
   ウォーキングマシンのあと
  最後は鬼のような足の曲げ延ばし
   滝のように汗が流れます。

   今日でちょうど術後6ヶ月。
 同じように、じん帯の再建手術をしても
 若いアスリートならばジョギングも開始する頃。
  私の場合、年齢の問題もありますが
切ってから相当時間が経っていたということもあって
    回復具合は遅いようです。

 でも、カメのようでも少しずつは進んでいるので
   ここであきらめずハードワークせねば!

 8月は9月議会の準備と教員免許更新講習
  修論にも取り掛からねばなりませんが
   リハビリ&トレーニングも怠らず
    しっかりと頑張りたい。
   
   夏を乗り切るゾ! おー!
  
    運動療育センター.JPG


      
   

posted by shimamura at 23:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

「わいわい通信第40号」発行!

  わいわい通信第40号発行しました!

  毎日新聞と中日新聞の東部地区を除き
   明日の朝刊に折り込まれます。

     表面は、6月議会一般質問について
   裏面は5月臨時議会も含めての
  トピックス記事3つと活動報告です。

 節目の40号。「ようやく」という感じですね。
   いろんな方の手助けがあって
   今回も無事発行できました。
     感謝 感謝です。

   それにしても連日の猛暑
  体調管理をしっかりしましょう。

    コタお昼寝.JPG
 ま〜 あっついでいかんわ〜(by コタ)
   (写真をクリックしてみてね)

  
続きを読む
posted by shimamura at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

構造改革特区の問題

   先週金曜日は大学院の科研調査で駒ケ根市へ
   土曜日は名古屋で都市計画勉強会
   日曜日は第1回の市民派議員塾
  帰ってきて通信だ40号の原稿書きと
    大学院のレポート2つ
  中部水道企業団の議会の質問通告
  その合間にリハビリ・運動療法と
    息つくヒマがありません
  印刷する時間がなくて困っています・・

  ということで1週間ぶりですが
    短めのブログ更新

 加計学園問題でクローズアップされているのが
     「内閣府構造改革特区」

    ちょうど先週土曜日に
  安保法制・共謀罪に反対する集会に
     参加したのですが
     若手の女性弁護士の
 「そもそも構造改革特区という制度が
  非常に問題がある」というスピーチを聞いて
  「我が意を得たり」という思いでした。

    ずいぶん前になりますが
 このまちの障害児通園施設「すくすく園」建設時に
 当時法律で「自園調理」が原則であるにも関わらず
    調理室がないことが判明。
    県から指導を受けた市は
 あろうことか「構造改革特区」申請をしたのです。

  わたしはひとりで厚生労働省に出向き
  児童福祉が規制緩和の対象になるのかと
    担当職員にたずねました。 
       答えは
 「厚生労働省としては意見は出すが
  書類が整っていれば通るだろう」

 議会の審査も、担当部署での検討も
   審議会の議論もなく
   省庁の頭を飛び越えて
内閣府の一存で決まってしまう制度なのです。
   今回の加計学園問題は
 制度そのものの問題だと思います。

 けっきょく長く書いてしまいました…

   終わりに暑い夏でも
 我が家で頑張っている花たちをご紹介

 アンネのバラ 夏.JPG  あじさい.JPG
夏でも咲くアンネのバラと あじさい
    
     さるすべり.JPG
      さるすべり



  


  
posted by shimamura at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

ベトナムのこと

   ベトナムで見てきたことを
 ブログで報告すると言っておきながら
あっという間に1週間以上たってしまいました。 

スマートインターと道の駅に関連して請求した
 公文書の一部公開決定に対して審査請求をし
  7月6日の審査会で意見を口述
 そのあと4人の市民派女性議員で発行の
  「えきよく通信」の原稿書き
 月曜日からは赤池駅から駅頭活動
  その合間にリハビリ、運動療法
 そして火、木、金の夜は大学院と
毎朝、しっかり手帳で予定確認する日々です。
 今日からは自分の通信の原稿を書くので
   ベトナム報告は1回で。

  ベトナムは1887年にカンボジアと共に
  フランス領インドシナ連邦に組み込まれ
  つまりフランスの植民地となりました。
   その頃のヨーロッパ風の建築物が
     今も残されています。

  ホーチミンマリア大聖堂.JPG  ホーチミン郵便局.JPG
  マリア大聖堂       郵便局
      ホーチミン郵便局内部.JPG
        郵便局内部

  第2次世界大戦中は、日本軍も進駐しましたが
    民族運動の結果、1945年9月2日、
     ホーチミンが独立を宣言。
しかし、その後は冷戦時代の分断世界の渦に巻き込まれ
 連合国側の中英、そしてフランスが南部に傀儡政権を樹立
  それから第一次インドシナ戦争、フランス軍の撤退
  そして南部傀儡政権はアメリカ軍が引き継ぎ
  ベトナムは苛烈な南北対立の時代に突入します。
資本主義と共産主義の代理戦争でもあったベトナム戦争は
  南ベトナム解放民族戦線(通称:べトコン)にも
   アメリカ軍にも そして罪のない住民にも
     悲惨な結果を生むものでした。

     こちらはベトナム戦争記念館
      枯葉剤の影響によって
   子どもにどのような影響があったのか
     人類の犯した恐ろしい罪が
     記録として残されていました。
   
  ベトナム9.JPG ベトナム8.JPG
   ベトナム10.JPG  ベトナム11.JPG

  
 現在のベトナムは本当に若い世代であふれています。
     経済成長も著しいことは
   ホーチミンにどんどん建築されるビル
   大規模な地下鉄工事などを見ても
  きっと高度成長期前の日本はこうだったのかも
   というようなエネルギーを感じました。
   デパートにかかる音楽はガンガンのロック
   店の種類も若者、子育て世代がターゲット
   道路は色とりどりのオートバイがひしめき
   平日の夜でも遅くまで外は賑やかでした。

  ベトナム2.JPG ベトナム6.JPG
  どうしてぶつからないの?という距離感。
  信号は青も赤も待機時間が示されます(いいね!)

  南部のメコンデルタ地帯も訪れました。

 ベトナム4.JPG ベトナム5.JPG
   渡し船と 川魚のエレファントフィッシュ

      ベトナム1.JPG
      やはり果物は豊富です。

    でも、道路のあちらこちらで
   カードやお菓子を売っている人々は
  お年寄りだったり 体が不自由な方であったり
   繫栄の影には人生が犠牲になった人々が
  まぎれもなく存在していることも感じました。
   
      どこの国であっても
    戦争は絶対にしてはならない。
      強く思った旅でした。

  

  

posted by shimamura at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

6月議会閉会 〜家族に会いにベトナムへ〜

         6月議会が閉会しました。
  例年に比較しても議案の少ない議会でしたが
 閉会日は核兵器禁止条約に関する請願の採決もあり
     やはり重い議会でした。
 議会中に、9月議会に向けての課題も見つけたので
   さっそく調査しなければと決意。

   そして閉会日の翌日から週末にかけ
 家族が赴任しているベトナムに行ってきました。
    夜行便で月曜朝に帰国し
    東京都議選の結果を見て
 アベ一強のほころびを実感したところです。

  アジアの中で、今最も勢いがあるベトナム。
   国民の平均寿命は30歳という国は
     活気にあふれていました。
   もちろんホーチミンだけですから
    国のほんの一部の表情ですが  
    明日から何回かにわたって
   私の見てきたベトナムを報告しましょう。

        とりあえず

      ベトナム7.JPG
       ホーチミン市役所  です。

  
   
posted by shimamura at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

今、生きているということ

  小林麻央さんがお亡くなりになりました。
  
    その生き方に感銘を受け
    ひそかにブログの読者でした。
    限りのある命と知りながら
    どこまでも強く生き抜かれた
    
    ちょうど昨年の同じ時期に
   私の支えとなってくださっていた方と
    最後のお別れをしました。 
    いつもと変わらぬ笑顔で
   おいしいお茶を入れてくださって・・
   秋に生まれる予定のお孫さんへの
   手縫いのベビーシューズをなでながら
    「でも間に合わないの」と。

   ご自分の葬儀の段取りまでされて
   最後まで見事に生き抜かれたのです。

    今、生きているということ
    生かされているという意味を
     日々かみしめていきたい。
       そう思います。

  
    


posted by shimamura at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする